www.tech-bites.com

日本茶にはさまざまな種類があります。 一般的に国内において生産されているお茶は緑茶です。 五種類に大別する事が出来ます。 一つは煎茶及び深蒸し煎茶です。 煎茶は一般的に親しまれているお茶です。 深蒸し煎茶は通常の煎茶と比べて約二倍程度の時間をかけて作られています。 一つは玉露です。 新芽が開く時期に被覆栽培を行う事によって育てます。 日光制限を行う事による渋みの減少及び豊富な旨味が特徴的です。 若干、被覆栽培期間を短くする事によってかぶせ茶になります。 一つは抹茶です。 出荷直前に石臼を使って挽きます。 飲用以外に料理やお菓子等に利用される事もあります。 一つは玉緑茶です。 形を真っ直ぐに整える工程が無い為に茶葉が独特の形状になります。 比較的、まろやかで渋みが少ない点が特徴的です。 一つは茎茶です。 煎茶や玉露における仕上げ加工の工程時に新芽の茎のみを抽出します。 緑鮮やかな茎茶には甘みがあります。 又、香りが爽やかです。 一つは玄米茶です。 番茶や煎茶に同量の玄米を混ぜる為、さっぱりとした味わいが特徴的です。 含まれているカフェインが比較的少ない為に高齢者や子供に好まれる傾向です。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.tech-bites.com All Rights Reserved.